CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「夢中」

先日の河原での楽器練習。

Bradanライブの助っ人、いわちゃん(ギター)と二人で居残り練習をした。

いわちゃんギターがコードを演奏して、それにあわせてSAXが音を探ってのせていく。

といっても、即興でそんなにうまく演奏できる腕前はない。

音を外したりしながら、気持ちのいい音を探って試しては繰り返し、お互いに展開していく。

演奏している間、波間にたゆたふような不思議な快感の中にいて、とても幸せな気持ちだった。

その日の夜の河原はとても寒くて、「ちょっとだけやろう」といって始めたのがいつの間にか・・・

吹き終わったら、一時間が経っていた。

ほぼ休みをとらずに、一人ではこんなに吹き続けられない。

「夢中」という言葉が、ふと浮かんだ。

余計なものが気にならず、時間を忘れて没頭してしまう至福の時。

子供の頃にはもっとよくあったように思う。

そんな時は細胞がぴちぴちと躍動し、全力で対象に向いている。

すべてがフル稼働で、全開。

退屈に思えることも、夢中でできたら楽しみの中にできるのに。

と思って、試している途中です。


吉澤 拓馬

posted by e-danceとは? | 23:16 | e-rusuban | comments(0) | - |
「オレオレオレオレ、俺カフェオレ」てスペイン語ですか?
いい日旅立ち、e-danceヨーロッパツアーメンバー
第一弾が日本を飛び立ちました。二ヶ月のワイワイ珍道期、
どんな面白いことが彼らを待ち受けているのか乞うご期待!

今頃みんなどうしてるかなぁ〜、
そろそろ大気圏は突破したころかしら。
地球は丸かったかしら。
ラピュタはほんとうにあるのかしら。
スチュワーデス刑事かしら。

とりあえず最初はスペインだということで
牛にはねられないように気をつけて欲しいな。

ブラダン、ダンマが終わって
ご飯を食べたり、ご飯を食べたり、おそばも食べたり
ミーティングをしたり、旅の準備をしたりと
あわただしく過ぎたこの半月。
そんな中でe-danceの今後の活動についても
話し合われました。
みんな、それぞれの思いを胸に、
また次の季節へとすすんでゆくのだなと思います。

この二年間、気がつけばたまにお休みもあったけれど
なんやかんやとe-danceで活動してきて、
そんなメンバー達を見送るのは
淋しいようなちょっと不思議な感じ。

見送るのと、見送られるのとどっちがいいだろう?
生きていく中で、そんな質問がふっとわいてでてくる時がある。
どちらも得意ではないけれど
振りかえると、見送ることを選択してきたことが案外多いことに気がつく。
物質的距離、精神的なもの、色んな人、もの、コトの姿が頭をよぎる。
淋しくないのかと聞かれれば、淋しいけれど、
楽しいもあるんだからそうゆうもんだと思えばそうなんだ。
見送ること、そうやって今ここで生きてるっていえる。なんとなくそんな感じだ。
そして、わたし自身の今も、さよならのやさしさに見守られている。
だから有難うっていうの。

愛したいか、愛されたいか と恋愛のタイプを人に聞いたりするように
見送りたいか、見送られたいか ときくことでも、
その人の色んな心を聞くことが出来るのだろうな。
色んな人のこと、知りたいな。

こんにちわとさようなら
ほんとは毎日が旅のよう、
どこでもいける私と、どこへもいけない私と、その体。
どこまでいけるかな。

とりあえず世界各国のファンのみなさま、e-danceっぽい人がいたらやさしくしてあげて
パンとか飴とか投げ銭とか与えてみてはいかがでしょうか!
あとはケるちゃんに渡してくださいと
お土産を託してくれるとよりベターです。世界各国の民族衣装だと最高です。
e-rusuban!るすばんって響き、何だかわくわくしちゃう。
果てさて何をしようかな〜♪

ケる子









posted by e-danceとは? | 20:19 | e-rusuban | comments(0) | - |
雑記
 
 e-danceのみんなはヨーロッパ出発に向け大忙し。
 その間、京都の元気を守るためe-rusubanとして在留メンバーが発起。
 ヨーロッパ中も、e-danceは、ここにあります。
 河原で見かけたら遊びに来てください♪


 ここ最近の雑感です。
 文字を通しての交流がメインのインターネットでは、匿名性という特徴も加味され、
 人間の潜在欲求がかなり顕になるように思います。
 2ちゃんねる・ニコニコ動画の文化は、ユーモアの源泉として僕は結構好きです。
 (もちろん、それだけ危険な、暴力的な、側面も、はっきり現れるのだけれど。)
 さて、その文化圏に向けたアニメ、つまりインターネット人口へのサブカルチャーや、
 2ちゃんねるの文化を見ると、日本人の「まつり」への飢えを感じます。
 学校行事など社会行事が、「まつり」としてよりも何かねじれた形で行われる中、
 踊り狂ったりハメを外したり「させてくれる」機能を、みんなどこかに求めているように感じるのです。

 それから、上記と関わるかわからないけど、「伝達しやすい凄さ」への偏向ということ。
 記述し易い難しいことが出来なくても、いい音楽、いい人間、できるんじゃないだろうか。
 反面には、記述し難く、為し難い、深さや単純明快さがあって。
 テンポが極端に速くなくても、心理学なんて考えなくても、
 生業を別に持つラテンミュージシャンたち、地域の人たちを深く理解するおばちゃん、
 存在として、尊い。その凄さは、「伝達」されるより、「伝播」する。
 
  両方に100づつ可能性があるとすると、なんでも7割ぐらいまでなら先天性に頼らなくてもまぁなんとかなるから、
 100→70 よりも、 200→140 の方が良さそうなのは自明。
 両方大事にしていったほうが、結果的に大きな局面にたどり着けるんじゃなかろうか。
 (もちろん、何か90を超えたものを持つのは、とても強いことだけれども。)

 自分のなかではこれがグローバリズムとも関わっていて、
 グローバリズムに時々見える単純な自我拡張志向の限界は見えつつあって、
 ローカリズムを含む新しい生き方を模索している。
 Think the globalism, Do the Localism. というのが、今はいい気がしている。
 Localが、Globe単位になる、遠く、楽しい、目標。

 

 最近健康的な暮らしをするにつけ、独りの睡眠に死の恐怖が伴うのは間違いないな、と感じます。
 昼間に生きると、感じやすくなり、夜間に生きると、考えやすくなる。
 前は、眠りへの抵抗の理由を、あれこれ「考えて」いた。
 ここ2週間ぐらいの実感です。


 吉田温泉
posted by e-danceとは? | 11:05 | e-rusuban | comments(0) | - |