CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
aiai
高校のときに乗っていた黒い自転車は
盗難されて 原っぱでみつかった

大学のときに乗っていた緑の自転車は
盗難されて ふたつ隣のマンションでみつかった

いま乗ってる水色の自転車は
盗難されて 大きな鳥居の前にお供えしてあった そうな


無くしものをしても
なんだかひょっこり出てきそうな気がしてしまう

だれかと別れるとき
なんだかひょっこりまた逢える気がしてしまう




免許証をなくした

心当たりはナイ。




そんなこんなで月日は流れ
そろそろ届けを出さないと、と
悪用された恐い話を聞いてびびりはじめた今朝方
いつものコンビニで愛想の悪い美人の店員さんに
ほんのり忘れ物について尋ねたら



これ? って。


これこれ! これこれこれこれ!!

そうそう2ヶ月ほどまえに
ここでコピーしたんだったね 



 おかえり ただいま


やーやー また会えて 嬉しい
やはり 大丈夫なもんだ



会いたい人に また あえたり あえなかったり



前回の、あるいは前々回の公演で WSで 道端で 河原で
偶然出会えた人たちに
来月の公演で また会えたり するのかな
はじめましての人やこれを読んでるあなたなんかにも  
出会えて また会いたくなったりするのかな



あえたり あえなかったり

年金手帳はあいかわらず ゆくえしれず


(y)





posted by e-danceとは? | 12:16 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
しわわせ
 初恋は5歳のとき、実家の工場で働いていらした85歳の職人さんでした。
初めて人に対するはっきりとした胸の高鳴りを覚えたのは確かにこの時でした。
バレンタインデーのチョコレートもそのおじいさんに初めてあげました。
何がきっかけでそのおじいさんのことを好きになったのか覚えていないけれど、毎日おじいさんに会いに工場に連れてってもらって、職人の手仕事を間近で見ていました。
覚えているのは、土埃で汚れた曇った眼鏡、大きいのにとても繊細な動きでものをつくる手、それから、笑ったときに出来る顔の柔らかい皺。
先日、素敵なおばあさまに出会いました。人を緊張させる皺などなく、柔らかい、しわしわの顔の中に赤ちゃんみたいな瞳がのぞく。
目と皺は嘘をつかないな、このように歳を取っていきたいな、と思いました。
一瞬一瞬の身体の動き、感情の機微が刻まれて、しわになる。形になる。 だから、一瞬たりともぞんざいにしたくない。積み重なっていくことを常に意識していたい。
あなたのしわが好きです、あなたのしわを大切にしたいです、と告白されたら嬉しいかもしれない。

岩澤侑生子


posted by e-danceとは? | 04:31 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
「どうやら魔法にかけられたよう」
  先日ダンマパダの通し稽古を見た。なんだか鼻づまりが治ったようなそんな気分だった。
 睡眠不足には太刀打ちできない僕が、なぜか4時間睡眠で次の日までフル元気だった。
 「私、どうやらe-danceマジックにかけられたようなんです。」
 
  9月20日、京都大学は吉田寮のほぼ100周年記念イベントというのに、BraDanとして参加してきた。
 録音を聞くと、まだ精度をあげるべきところはある。けどなんだ、この「これはいい音楽だ」と直感で確信させる何かは。
 まるでジェームス・ブラウンのライブ盤のような何かがある。この何かを大事に音楽していれば、いつでも幸せに演奏できるような。
 これにあえて名前は与えてしまうようなことはしないでおこう、と感じる。
 
  再びダンマパダの通し稽古を見る。今までモノラルだった作品の空気がサラウンドになっている。
 こちらがわざわざ意識を集中して、観たり聴いたりしなくても、自然と、見える、聞こえる。
 ライブを通して世界に音を響かせて来たことが、作品への真摯な努力に出会って、確かな糧になっている。
 直感的にそのバランスを体現するメンバーの潜在力に驚く。
 
  最近、取引、つまり交換という要素を捨てたコミュニケーションについて考えている。
 ただ与えられるだけ、負債を背負ったかのようなかしこまった反応なんかしない。
 ただ与えるだけ、相手から何かを奪おうと代価について思い巡らせたりしない。
 僕は考えているぐらいだから、まだよくできないんだけれど、
 e-danceメンバーの間では、それがごく当たり前のこととして行われている。
 
  お客さんに何も要求しない、ただ与えるだけ、むしろ、ただ在るだけ、そんな作品の姿が目の前に在る。
 よければ、一緒に楽しんでしまいませんか、と、あら楽しんでみようかしら、と。
 e-danceの作品が、どんな学術論文より、専門書より、実直に今僕が欲しいものを体現していると、感じている。


吉田


吉田寮
posted by e-danceとは? | 15:11 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
芸術
この世に生れてきて知ったこと、

素晴らしいこと、美しいこと全部、

お互いに、伝えあえたら、

 

きっとお互い、喜びが増え、哀しみは減る。

お互いに、生命を大切にするようになる。

お互いに、自然な在り様を護るようになる。

 

心のなかの葛藤が消え、

兄弟同志で殺しあったりするのをやめて、

人びとはもっと喜ばしく睦みあうようになる。

 

素晴らしいことを伝え合うにはどうしたらいいのか。

伝え合う術を、どうやって身につけたらいいのか。

この技術さえ身につけば、多くの人たちは苦しむのをやめる。



IidA


posted by e-danceとは? | 23:59 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
「楽しい河原」

9/20たくま1


今日はスタジオでの練習でした.スタジオに行く前に、鴨川河原で合奏をした.曲が終わると、近くにいた集まりから拍手と歓声が!!河原での反応はいつでもダイレクトに返ってくる.よければ立ち止まってくれるし、あんまりだと素通りだったり帰ってしまう.

河原は面白い.

先週、夜遅く河原で楽器を吹いていたら、缶チューハイを手にしたおっちゃんがふらふらと近づいて来て、僕の前に座った.視線は真っ直ぐこちらに向けられていて、予感通りにからまれた.
「おい、何か曲演奏しろや!」
「(やっぱり…)どんなのがいいですか?」
「何でもいいから吹けって!」
仕方がないので、知ってる昔の曲を吹きはじめた.しばらくしてふと見ると、おっちゃんは泣いていた.
茶化したくなってしまって悪い冗談で、「悲しくてやりきれない」という曲を吹いた.
おっちゃんは「ばかやろう!!」と叫んでから「続けろや…」とつぶやいて、鼻をすすりながら小声で歌ってくれた.何かとてもうれしい気持ちになった.
その日、おっちゃんに何があったのかは分からない.「あの星はベネブ(デネブ)っていうんや」って、星の話しか聞いていない.
でも、お互いに何か交流があって最後は握手をして「元気でね」って別れた.
音楽っていいなぁと思う.外国の人が母国の曲だといって喜んでくれたり.近くで黙って聞いてる人がノってくれていたり.話さなくても、何かが通ったりする.

おっちゃんが、別れ際に教えてくれたこと.
「ロックになんで管楽器がないか知ってるか?」
「… 知らないです」
「カン電するからや」

河原は面白いです.

この鴨川河原での出会いから仲間になったメンバーも今回ライブ出演をします.
いよいよ来月!!
秋に生演奏の夜を、お楽しみに♪♪

9/20たくま2

吉澤拓馬
posted by e-danceとは? | 14:07 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
あと2週間
いつでも見学OKな稽古場には、メンバーだけでなく色んな人がきます。
今日は『BraDan ☆ BraVo』出演メンバーも来ていたので、よりにぎやか。
そのせいか、稽古場に入るといつもとは違うそわそわした気分になりました。

稽古前、各々ストレッチをしたり準備をする時間が、いつの間にか
話しながらマッサージし合っていたり、寝ころんでいる人に乗ってみたり、
走り回る人達がいたり、色々に輪ができたりほどけたり。
小学校の休み時間みたいです。

ここにも一人。

近くにあった梱包材をほっかむりにして、売り子さん。(と、お客さん?)
何を持っているかは、劇場に来てのおたのしみ。
こうやって身近なものを、おもちゃに変えるのも子供の特技。

もう子供ではないけれど、みんな各々にのびのび居られたら、何か起こりそう。
最初の気持ちは、そんな予感からかもしれません。

坂本美夕
posted by e-danceとは? | 23:39 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
「こだわりの泉」
 人間には誰にでもこだわりってもんがあって
 
それによってズンズン突き進んでいけることあれば
 
ぬかるみにはまって、なーーーっかなか抜け出せんこともある。
 
でもまぁそういうときは、
 
必死に足を引き抜こうとせずに
 
突っ込んだまんま、
 
わたしこだわりのぬかるみに足奪われてますねん!
 
と両手広げて声高らかに認めてしまえば、
 
ぬかるみもしがみつく気なくしちゃってね
 
泉になるんじゃないかと。
 
ふと思ったわけです。
 
んー、
 
よくわからん話ですが。
 
とにかく、
 
足突っ込んじゃったなら!
 
からだ広げて大声出して!
 
たくさん笑って生きましょう!
 
ってことです。

 
なつみ

 
 あ、
 
もうすぐ我が地元はだんじり祭り。
 
青年たちのかけ声が夜道に響いていて、なんだかわくわくします。




黒木夏海
posted by e-danceとは? | 13:55 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |