CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
こころの営為
 

 

 

目のまえにいる人と、

その人についてこちらの抱いていたイメージとは、まったく違う。

相手に対してどんな情動やイメージを抱いても、

その原因であるはずの相手は、現に絶えず変化しながら、

  あやうく固定されかかった過去のこちらのイメージをくつがえしていく。

あらゆる現象と同じく、生きた人間は常に流れて変化している。

 

今、あるがままの相手に共感して、相手をただ自分のこころに受け容れる。

こういう体験をしているとき、人はこのうえない、人間まるごと総合的な快感を覚える。

ほかの喜びがかすんでしまうせいで、ややいたましい想いも湧いてくるような至福感。

興奮とも違う、陶酔とも違う、澄んだ感謝の気持ちが湧きあがってくるような安心感。

 

判断するのでもなく、位置づけるのでもなく、ただありのままに共感して受容する。

  自分とまったく違う考え方や感じ方を、肯定も否定もせず、ありのままに受け容れる。
  不幸な時というのは、そういうふうに人と接することができない時かもしれない。

 

かたくななこころによって、

どれほど今この瞬間の相手のこころを我が目から蔽い隠していることか。

誰かについてのイメージや願望、思い込みが、

現に人とともに過ごす喜びを、どれほど損なっていることか。

現にここにいる相手は、過去のその人とは違うし、他の誰とも違う。

まったく新鮮な、人類史上初めての、かけがえのない存在なのだ。

 

自分にとって困ることも怖いことも、自分の価値観エゴ全部いったん放り捨てて、

ただ、こうなのか、ああ、こうなのか、ということを確かめながら相手を受け容れる。

自分の欲求や願望・イメージで歪めずに、相手の現在の姿、ありのままを受け容れる。

そうしてよく聴く。ひたすら相手のこころに耳を澄まして、こころで共振する。

その流れがどんな大河であろうと暗渠であろうと相手の流れに沿って共に過ごす。

 

現在の、相手の、ありのままに共感して、相手のありのままを受容する。

人を愛するというのは、こういうふうに相手と接することかもしれない。

とすれば自分はこれまで、どれだけ人を愛して来られたのか。

 

できるようになるまでに、いちばん恐ろしい想いをするような営為で、しかも、

  できるようになったら、至福の喜びが体中にひろがっていくような、こころの営為。



  IidA
posted by e-danceとは? | 22:58 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
小屋入りしました
 先日の『BraDan ☆ BraVo』は、お客さんとして観に行きました。
良かった、楽しかったという気持ちがいろいろ湧き出て、メンバーや、
まだ観ていない人達に、言いたいこともたくさんあるのに、
どう伝えたらいいかわかりません。 
思いを言葉にして伝えること、言葉を受け取って思いを理解すること
どちらも、なかなかうまくいかないことが多くて・・・
それは、どんな人にも少なからずあるのかなぁと思いながら、
『ダンマバダ』に携わってきました。
今週8日(木)には、幕が上がります。
坂本美夕


仕込み仕込み仕込み
posted by e-danceとは? | 23:54 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
「かえるの歌」
下校中の小学生6人が、かえるの歌を歌っていた。


(低音)かえる、かえる、か、か、かえる

(中音)ゲーーロ、[休]、カッカッ

(高音)かえるのうたがー聴こえて…

(パーカッション)前の子たちのランドセルをたたく

(盛り上げ隊2人)帰ろー帰ろー を手拍子とともに程よきタイミングで


下校中の小学生6人が、かえるの歌を歌っていた。

夕日を背中に喜々として歌う彼らの姿があまりに格好良くて、

私は思わず、立ち止まって聞いてしまったよ。

音を楽しむ。

音で楽しむ。

音と楽しむ。

これぞ音楽!



BraDan★BraVoも、とても「音」で「楽」です。

私みたいなお祭り好きにはタマラナイ内容だと思います。

ぜひ、音楽、しに来てください。




黒木夏海
posted by e-danceとは? | 01:15 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
『本番前』
 はじめ出合ったあぶくさんは
7日目には貝になっており
1と月目にはマリンブルーの魚になっており
3ヶ月目にはキラキラともに戯れており
半年目にはワカメ色の混沌になっており
その混沌に絡まると、時にガスや毒なども噴出するが
しんぼう強く待っていると、マリンブルーや
キラキラやワカメ色が混じった
すてきな鱗の人魚になって
まわりにいた色とりどりの人魚たちも入り混じって
なないろを超えた100000000000000000000色の
海になったそうだと

さて、

舞台に海はつくれない
どうするか


苧環

posted by e-danceとは? | 11:38 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
星たち


  人と心が通う。
  ほかの人たちと心が通う。
 
のら猫と、のら猫たちと、こころがかよう。

一本の木と、たくさんの木々と、こころがかよう。

星がたまらなくきれいな夜空をじっとみあげていたとき気がついた。

星たちはどんなに美しくても命が通っていなくて心を通わすことはできないのだった。

心を通わすことができないままに、かぎりない恩恵を与えてもらってきたのだった。

 

寝足りないまま腹ぺこのまま河辺で夜更けにラッパの練習をしていたら

ざわめいていた気持ちがだいぶ落ち着いてきてふと空を見あげると星たちが光っていて

星たちを見あげていたらワケのわからない涙がでてきてしばらく号泣してしまった。

河向こうにある立派なタテモノを所有するよりもタテモノのあかりをゆらめきうつす

河の水みたいに流れて生きるのが幸せなんだとわかったときふと空を見あげたのだった。

山奥で海辺で満天の星空をながめていたときの記憶がつぎつぎと蘇ってきた。

この星空を眺めて暮せたら幸せと感じるくらいの至福感だったのにいつしか忘れていた。

たくさんの愛されたがっている人たちをいとおしく感じ生きていられて幸福だと思った。

泣きながらこころにうかぶ人たちに呼びかけてあやまってありがとうとつぶやいていた。

 

  IidA
posted by e-danceとは? | 23:57 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
ハーちゃんとヘホくん
 

あさおきて、となりにもうひとついきものがいて、
ゆっくりいきをしている。
はなしはつうじない。
あしをつついてみても、はんげきをくらう。
きにせずごはんをたべてもういちどあしをつつく。
いやがられる。
いやがられるのがわかっていても、つつきたい。


小さい時に猫と鳩と犬とハムスターを飼っていた。

ザ・ペット。

嫌がられても引っかかれても噛み付かれても触りたかった。
だいたいは、知ってる犬でも知らない犬でも関係はない。
檻の中に入ってうなっている犬でもなんでも触りたかった。
そしていつも噛み付かれていた。
ひどい時には指に穴があいたこともあった。
でも平気。びっくりするだけ。
びっくりする事はいやじゃないから平気。
でもたいていの生き物はびっくりすることは平気じゃない。
大声出したり、何の気なしに急に近づいたり、知らないもの少しでも不審なものは真正面から受け付けない。
そういえばこないだ知り合った女の子でびっくりするのは嫌だという女の子がいた。
嫌だということじゃないかもしれないけど、例えば痛みに関していうと、もしきちんと準備ができていればそれが痛みであっても単なるそういう感覚として受け入れることができるらしい。
本当かは分からないけど、準備なしに痛みがやってくるとそれはものすごく不快感があって、準備があれば、不快ではなくて、当たり前にあるものとして受け入れられるみたい。
痛くても平気だそうな。
なるへそ、だけど自分だったら痛みは痛みで不快にはかわらないだろうなぁ……

うにうにと。
犬さん猫さん。
あたしはびっくりかどいかなんてそんなことお構いなしにずいずい入っていって咬みつかれるのです。
お互いに痛いのかなぁ。私の指の痛みは犬さんたちの驚き精神ダメージなのか。
ごめんなさいねぇ。

現に飼っていた鳩はかまい過ぎて死んでしまった。

ごめんねぇ。

自分の外の身体をひねったりつねったりしても自分では何のことだか分からない。"そういう”感触・が手に残るだけ。
"そういう"は自分にとっては、あるやわらかさ、弾力、たまに湿気なのだけど、対象にとっては、イタイ、だとかキモチイイ。

イタイとかがもっと分かったらいいなぁ。

おとなりさんよ。
ひふとひふでしか分かれていないはずなのにその接点の向こうとこっちではこんなにも感じ方が違うのでしょうか。
果てしないなぁ、、、そういや、そんな薄皮一枚隔てられていたとしても、物理的な距離でいうとスゴーーい広い太平洋とか、海とか、地球、宇宙を考えると、隣で座っている人なんて重なっているみたいなものでおおよそ何か等しいものの一つや二つ持っているのではないかと思ってしまう。
でもでもちょんってしても違うんやよね。

皮膚と皮膚でしか分かれていないのに向こうとこっちで分かれることについて。

裸でいてもあっちとこっちにいて、パンツをはいて服を着てもっと距離を離して、そして別々の乗り物に乗って自分を運ぶ時間も変えてもっとその間を離していく。いっぱい色んなものを身体にくっつけていつの間にやらお隣さんがお隣さんでいなくなっているかもしれない。
ん、でも裸で突っ立てはいられないしなぁ・・・

人っていったら、一人だけど、人が一人、二人、三人になったら人間ができてくる。


私と相手、誰か、1、2、3、4。


ヒフはハさんとヘホさんのあいだ


そういや、共同トイレで用を足しあっている人同士は同じ近しい空間にいるにかかわらず、相手のお尻を見る事はできないし3センチくらいの壁のおかげですっかり大丈夫と安心もできるんやなぁ。
公衆トイレの妄想。
隣で用をたしている人は本当に自分と同じ格好で用をたしているのか!


迷宮入りになってしまう。

あたいは動物で聞く耳と話す言葉をもっている。身体をすりつけなくても耳から身体に直接届ける音を作れる。言葉は脳みそを通り越して心に触れるかもしれない。皮膚を通り越すことができるかもしれない。




秋山はるか
posted by e-danceとは? | 03:52 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
『空白』
たまに空白の何日間という言葉を聞きます。
当事者にはきちんその日はある。
語ることのない日なのかもしれません。語ることの出来ない日なのかもしれません。けれどその日はやっぱりある。
なかったことには出来ない日。


行いも、なかったことにはできないことです。今、ここで引き起こしたことは、それに関わった人に、なにかの形を残します。
生きているのだから、丁寧に丁寧に、今、ここで、何かを、する。

でも、空が白いのは素敵かもしれませんね。

今村達紀
posted by e-danceとは? | 14:30 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |