CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
<< かきくえば鐘がなるなり丸太町 | TOP | from Madrid >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『紅葉、塵』
電車に乗っていると山々の色づきがよく見えてくる。
山吹、朱、紅に染まった葉が音もなく浸透してゆくが
全体を見ればまだ、陽に照らされた草色の山だ。
この山が真っ赤に染まるころ自分はイタリアにいる。
今年はイタリアの紅葉を見ることになるのかしら。
レッチェに紅葉はあるかしらん
と思いを馳せていると、吸い込む空気に冬の気配を感じる。

冬が近づくと何かやり残したような気持ちになる。
なに、と問うてみても胸の奥に塵のようなものがほやっと舞うだけ。
99の喜びよりも、1のワケノワカラナイ気持ちが浮かび上がってくる季節なの
だろうか。
先月さる知人に花束をいただいたが
たいていが2週間ぐらいで萎れてしまったのに、1輪だけ凛と咲き続けたのがい
た。
無精な私が水を変えるのを忘れても、枯れた霞草の傍ではち切れんばかりに咲き
続け、
いただいた日からちょうどひと月たった日、カクッと首を折った。

花は捨ててしまったがその絶頂と終焉は今でも眼の奥でフラッシュバックする。
意味など無いと言われればそれまでだが
この現象から滲みだしてくるものの正体を、まだ汲み取れずにいる。


苧環

posted by e-danceとは? | 14:53 | e-rusuban | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:53 | - | - | - |
コメント
コメントする