CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
<< 『Dhammapada』10月10日(土) お客さんからの感想 | TOP | 『ダンマパダ Dhammapada』10月12日(祝) お客さんからの感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『Dhammapada』10月11日(日) お客さんからの感想

    『Dhammapada』10月11日(日)夜公演 お客さんからの感想 


今現在の私の心にスッと入ってきました。
余韻がまだ残っています。
ずーっと考え、自分に置きかえて観ていました。
普段、気づいていないフリをしている所に手が届いた。
素晴らしい!
(女性 31歳 会社員)



ダンス公演だと聞いていたので想像とはだいぶ違いましたが、
独特な雰囲気に呑まれてしまいました。
思ったより時間が経っていたので驚きました。
(O・E 女性 20歳 学生)

すごく良い世界観だと思いました。
また来ます。
(H・N 女性 19歳 学生)



今回は前回とガラッと変ってダンス要素より言葉要素が多かった。
だけど言葉にならないコトは、体が言葉を発してる感じがした。
e-dance 飯田さんの舞台を見ると 愛・エロス・人生とかを感じマス。
一番前でみれて竹本さんと握手できてラッキーでしたけど、
お尻がちょっと…痛かった(笑)
(M・S 女性 写真家/OL)



なんか感動した。
背中をかくのがよかった。
舌たらずな女の人の話が切実だった。
手話の人も美しかった。
(Nameless)

うまく言葉には表現できないけど、
考えさせられるものがあったと思う。
(Nameless)



“ダンス”かと思って来ましたが思ってたものと違いました。
とても宗教的(??)真理???を提示する舞台だと思いました。
不思議な感じで帰ります。
わたしも健全なからだにしたい。
みなさんおつかれさまでした。
(飯田さんが出るかと思いこんでいたので、ちょっと残念)
(O・H 女性 41歳)

皆さん1人1人をそのまま“人間”としてみせてくださって
ありがとうございました。
(女性 19歳 学生)



良い声でした。
良い照明でした。
(男性 21歳 学生)

理念を語ろうが、美を唱こうが、そこは自由。
でも、それを、飯田君が人の身体や声を使って
やる手続きには、かなり疑問を感じた。
前回も懸念したことだけれど、
この共同体には、他者の視線が入り込む余地がなくて、
途中で席を立ちたくなるほど辛い観客がいた、ということを、
伝えておきたいです。
(K・N 女性)




足音とかべに人がぶつかる音が音響としてよかった。
黒い服の男性の狂った系のうごきがキレキレしゅんびんでした。
小道具(降ってくるやつとか)がすごくよかった。
←わかりやすい。
(K・S 女性 23歳 学生)

なんだかスリリングだった。
ティッシュきれいだった。
明りがとても美しい。
人の目をしげしげ見るのも
なかなかこわいものですね。
(K・T 男性 24歳 学生)



前回の公演とは違って身体の表現が少なかったと思う。
身体の表現よりも……
(Nameless)

(花◎の絵)
すげーな。なんか えーと 色々すげーな。
んー 大変だ こりゃ。
(A 男性)



心が溶けました。
ありがとうございました。
(T・M 女性 30歳)


   『Dhammapada』10月11日(日)昼公演 お客さんからの感想 

言葉が、本当に その人から出たものなのだと 思いました。
呼吸、話すこと、話さないこと、感じること、
思うこと、伝えること、伝わらないこと、生きてること…
みせる舞台で、なおかつ、その人らしくいられるって いいですね。
一人ひとりの表情も 言葉も 言葉にならないものも
メッセージを発していらっしゃって、心豊かでした。
いいですねー。生きてることは。しみじみと。
(H・Y 女性 26歳 教員)



もっと難しい劇を想像していたのですが、
言葉が1つ1つ、心に響いてきて、
途中から涙とハナ水が垂れっぱなしでした。
ほんとうに観に来てよかったです。
勇気が湧いてきた感じです。
これからも がんばってください。
(女性 20歳 学生)



伝え合えたら……
おもいっきり生きる……
今日は来て良かったです。アネチャンありがとう。
いろいろたくさん 感じることができました。
文章ベタでゴメンなさい。
本当に素敵な舞台をありがとうございました。
ツアー頑張って下さい! 帰国後、楽しみにしています!
(I・M 女性 29歳 フリーター)



よかったです。
(O・S 男性 21歳)

すばらしい。あと2〜3回観たいです。
(I・H 男性 44歳)



今までとは又 違った雰囲気で楽しませてもらいました。
個人的には肉体パフォーマンスがおさえられている様な感じがしたので
少し残念です。前の圧倒的な迫力と気合いが好きだったのです。
今回のステージはとても幻想的だったので、すごくいいと思いました。
全体的にはやはり 分りにくい所が多かったのはあります。
でも、なんとなく心にひびくものがありました。
特に長い髪の女性がよかったです。
(O・T 男性 41歳 会社員)

舞台美術に圧倒された。
公演の途中までは「意味を考えること、の無意味」を感じていたが、
後半、役者さんの台詞の連続に、考えざるを得なくなった。
(Nameless)



初めて観に来ました。
85分と聞いて 少し長いかなと思いましたが、
どっぷり作品に浸かることのできる濃い時間でした。
ありがとうございます。
私もスピリチュー アルで、幸せチューで、
幸プクな毎日を送っていきたいです。
(A・T 男性 34歳 会社員)

夢の中にいるような水の中にいるようなフワフワした気持ちになりました。
具体的にどうとは言えないけれど、自分のなかに確実にのこった気がします。
(女性 24歳)



びっくりしました。
長時間見るのはちょっと辛かったです。
強く印象に残りました。
(女性 21歳 大学生)

すごかったです。
とにかく何かすごかったです。
よく分らんけんど、また見にきたいです。
(女性 19歳 学生)



真剣に見させていただきました。
わからないこともあったけど、
人が人を必要とする意味もすごくよくわかるし、
相手に認めてほしくて、言いたいこと言ったり言えなかったり、
そういう気持ちもよくわかる。
とにかくすごいと思ったのは画(え)の配置です。
ものすごく画になっていました。
これからもがんばって下さい。
(女性 19歳 学生)

“みんな違ってみんないい”
(H・M 女性 27歳)



意味がないような という
しょうかいが 最初にありましたが、
すごく強い○かんじました。
ヨーロッパでもがんばってください。
(女性 24歳)

初めて見に来ました。まず素敵な空間です。
とっても良かったです。
みなさんの演技と笑顔で楽しい気持ちになって帰れそうです。
これからも頑張ってくださいね。
(P・M 女性)



「言葉」というものの持つ
「力」とその「無力」さを
直感的に感じることができたような気がします。
でもやっぱり理解はできなかったです。
でも、感じることができて良かったです。
(B 男性 27歳)

「音楽になりたい」は良い台詞だと思います。
音楽といえば演奏がなかったのがさびしいです。
(Y・S 男性 45歳 作家)



新鮮でした。
以前受けたワークショップの理解がさらに深まった気がします。
(28歳 男性)

自由に生きるってむずかしい。
(S・H 男性 34歳)



長髪の方の動きが抜群に素晴らしかったです。
(Nameless)

言葉は少々つかれます。そのつもりではなかったので……
用意された「セリフ」なのかみなそれぞれの自分の言葉なのかわからない。
あまり届きませんでした。ごめんなさい。
動き もっと動きのみ(もしくわ声)がみたいです。
(Namaeless)



・ストレートかつナイーヴな語りと身振りがよかったと思います。
・生まのからだと気持ちの「イタさ」がよく出ていました。
・「コウプク」の彼女がよかった。
・ 手話のシーンもよかった。
(Namaeless)



一年前の舞台も観にきましたが、
今回の方が伝わりやすく見応えがありました。
(Nameless)

手話の女性の手の動きがとても美しかったです。
とてもいやされました。
演じている手話の女性の笑顔は本当に美しかったです。
ほちろん他の人もすべて。
とても個性的で、よい劇でした。
それぞれの人の心が表現できていたと思います。
有難うございまいした。
(女性 27歳)



一見して、こけしにかこまれた 白い空間と自己紹介からはじまる
一見「不条理もの」のようなストーリー展開は、
ダンマパダの言葉のようにダンマ(法則)を求め、
中間状態に集まった、フツーの人々の 心の想いを感じました。
最初バラバラだった各自の主張も 少しずつ影響しあい、関係を生みだすあたりは、
おそらく演出家の 努力と創意工夫が感じられ、
とても心地よく、時間を忘れさせてくれる作品でした。
たぶんお題をあたえられた出演者が各自のパートを考え、自分の想いをもちより、
長い話しあいと稽古の末、この形におちついたのだと想像します。
僕には、死後集まったたましいが、次の生へ旅立つまでのストーリーだと感じました。
(コケシがのぼっていくあたりから)
皆、作品の中で影響しあい旅立っていきましたが、
実生活でも作品づくりを通して大きく成長されたのではないでしょうか。
これからも、この作品にかかわる人と 上演がくり返されつづける事により、
多くの人生という作品が 生まれていくのだと感じました。
またそれが演出家の 一番の意図のように思われました。
ありがとうございました。
(J 男性)

posted by e-danceとは? | 11:49 | 『Dhammapada』感想集&公演写真 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:49 | - | - | - |
コメント
コメントする