CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
<< ハーちゃんとヘホくん | TOP | 『本番前』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
星たち


  人と心が通う。
  ほかの人たちと心が通う。
 
のら猫と、のら猫たちと、こころがかよう。

一本の木と、たくさんの木々と、こころがかよう。

星がたまらなくきれいな夜空をじっとみあげていたとき気がついた。

星たちはどんなに美しくても命が通っていなくて心を通わすことはできないのだった。

心を通わすことができないままに、かぎりない恩恵を与えてもらってきたのだった。

 

寝足りないまま腹ぺこのまま河辺で夜更けにラッパの練習をしていたら

ざわめいていた気持ちがだいぶ落ち着いてきてふと空を見あげると星たちが光っていて

星たちを見あげていたらワケのわからない涙がでてきてしばらく号泣してしまった。

河向こうにある立派なタテモノを所有するよりもタテモノのあかりをゆらめきうつす

河の水みたいに流れて生きるのが幸せなんだとわかったときふと空を見あげたのだった。

山奥で海辺で満天の星空をながめていたときの記憶がつぎつぎと蘇ってきた。

この星空を眺めて暮せたら幸せと感じるくらいの至福感だったのにいつしか忘れていた。

たくさんの愛されたがっている人たちをいとおしく感じ生きていられて幸福だと思った。

泣きながらこころにうかぶ人たちに呼びかけてあやまってありがとうとつぶやいていた。

 

  IidA
posted by e-danceとは? | 23:57 | 『ダンマ 』&『Bra』創作日記 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:57 | - | - | - |
コメント
コメントする