CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


京都を拠点に活動する、大所帯のダンス・コミュニティ。
ブラス楽器を奏でながら、ダンスな旅をしたりします。
<< アンケート『狩プソ☆スピ歌』京都公演(28日19:00-) | TOP | アンケート『狩プソ☆スピ歌』京都公演(29日16:00-) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
アンケート『元気の本』京都公演(29日13:00-)

躍動感がすばらしく、圧倒されました。
この様なダンスを見たのが初めてなので戸惑っていますが、
それもこの公演のねらいの一つでもあると思いますので、
じっくりと心の中で熟成させてみたいと思っています。
(43歳 自営業 Y・T)


うわ〜!! スゴイ!! スゴイ!!! なんてこと!!!
スゴイ!!! スッゴイ!!! あぉ〜!! うわーー!!!
ポイッ! にひっ! うえっっ?! かっこいい!!!
はあ、よかった。
身体すごい!!!! どぁぁぁ、おもしろかった☆
パーフェクト☆ 最高。
このままどんどんどんどんどんどん。
(23歳 大学院生 N・N)


うっちの踊る姿にガツンときます!!
なんやろ、なんだか、初めて知ったよ。
ダンスっておもしろい。おー。すごい!
台風みたいな? ホットケーキみたいな?
なんかこう、いとしい感じ? 分かる?
すごく、すごく、よい!!
(24歳 O・M)


男たちの汗のニオイとシブキ輝き……
はじまったときはめちゃくちゃびっくりして目見開き口は開きっぱなしでしたが、
圧倒的な時間があっという間にすぎていったという感想です。
ひとつひとつの動き、小さい時はしたような動き、なんか懐かしい動きでした。
よっしー(吉澤拓馬)のこんな目の輝き・嬉しそうな顔・表情、初めて見た気がします。
見せてくれて嬉しいです。
美しい身のこなしとエロスほとばしる指先・視線で、よっしーはよっしーのままで、
でも前よりずっとパワーみなぎってる素敵な男の人になっている!!と思いました。
ありがとう。
(28歳 公務員 Y・R)


とてもおもしろかったです。
みていて、とても感動しました!!
クイックさん最高です!!☆☆
また、っていか、何回でも見たいです!!
(17歳 学生 N・M)


人から受け入れられない事、なじめない事、
でも仲間がいて元気になっていく、前向きな姿勢がテーマかと思った。
やっぱり元気になる。
回復のはやい人をつくる。自分が踊ると楽しい、人も楽しい。
(59歳 アルバイト S・K)


すごくおもしろかったです。
皆さんの楽しそうな様子が伝わってきて、
観に来れてよかったです。
ありがとうございました。
(H・M)


こうした元気のつくられかたもあるんだと思いました。
たくさん笑いました。ありがとうございます。
(26歳 学生 M・M)


男子が「せいっ」って、おもいっきり動きまわてるのを見ると、
笑けて、すごいよかったです。舞台を観ながら声出して笑っていい雰囲気がよかった。
なんだか、うらやましかったです。
あれだけ動きまわって、ぶったおれたら、気持ちええやろなぁって。
女の子がどんどん金髪くんに飛びついてって抱きとめるシーン、
一人だけ、金髪くんを蹴りとばして、それが印象的でした。
(29歳 Y・K)


アドリブ的な動きやセリフが多く、ハラハラドキドキ楽しかったです。
女性との絡みで、より男性陣の“おかしみ”表れていたのでは、と思いました。
楽しかったです。『狩プソ』の方も拝見しましたが、
両作とも創作過程がとても気になります。
出演者の個性がぶつかり合う、ものすごい濃い空間だったのだろうなぁ…と。
(33歳 主婦 K・K)


複数のダンサーの複数の生が複数的に迫ってくる、
極めて興味深い舞台でした。元気でました。
(Nameless)


笑って、ビビって、泣けました。アドリブでは大笑い、
特にナダフ・マラマッドさんのキャラクターを生かした演出はとてもイケてました。
今村達っちゃん、一段と素晴らしいダンサーに成長したよね。
ダイナミックレンジがとても広がって、ますますこれから楽しみです。
題名から、「元気」のエネルギーを一杯浴びまくるのだろう、と思っていましたが、
終わってみると、同時に心地よい「悲しさ」が残っていました。
意外でしたが、悲しさ、というか愛おしさ、というか……「存在の悲しさ」です。
後半に移るにしたがって、それまで手放しで笑えていられたのに、徐々に
可笑しさ→ 愛おしさ→ 悲しさ、と変化してゆき、笑いながら泣けてしまう。
ダンサー達がボルテージを上げれば上げるほど、パフォーマンスが密になるほど、
男性の「純真さ」、「健気さ」みたいなものが(逆に)際立っていく舞台だったと思います。
(40歳 自営業 K・A)


表現力が素晴らしく、暗い部分、明るい部分、
ついつい感情移入してしまいました。
久しぶりに笑って、愉しんで、感動しました!
是非、次回も足を運びたいです。
(24歳 大学院生 T)


初日を見せてもらい……最終日です。
おしまいの方のくり返しくり返しが印象深くなりました。
19時、最後も来ます。
(T・Y)


すごい迫力だった。
笑いがあったり、愛とかすんごい切なくなったり。
悲しいキモチにもなりました。
でも、すごくカッコ良かったです。
パワフルで。素敵でした☆
(25歳 女性 S・A)


男の人は痛みであって、そのエネルギーは時々突き刺さるように感じていたけど、
今日私は、それを、とてもとても愛しいと思いました。
もう何もかも強く愛しい。体がすっかりぬくとくなりました。
たくさん笑いました。満たされました。ありがとう。
私は私のもつ性の部分を、とても大切に思えるようになる。ありがとう。
(26歳 女性 鍼灸師)
posted by e-danceとは? | 06:27 | 『元気の本』 京都公演 感想集 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 06:27 | - | - | - |
コメント
コメントする